FC2ブログ
年が明けました。去年はC-130Rを1回しか撮らんずくでした。冬のうちに撮れれば。
プロフィール

ひうち

2019/4/3
徳島バス 神山線
H-1614
今年も撮ってます。

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。

PENTAX K-5Ⅱ+D-BG4
PENTAX K20D+D-BG2
PENTAX K20D
PENTAX *ist-DL2
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR[Model A14]
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
ICOM IC-R5/IC-R6

since:1st 2005/10/18
2nd 2016/12/20

5月は自衛隊イベント4ヶ所に行く機会に恵まれました。

12_IGP0274_2.jpg
5/12(日) 徳島駐屯地開設7周年記念行事。
去年の記念行事は一般公開無し。
その前の5周年記念行事は一般公開に行けなかったので、3年ぶり5回目の徳島駐屯地の記念行事参加となりました。
訓練展示は無しであることが事前にお知らせされていましたが、観閲行進は実施されました。
07式機動支援橋は、今年も架設車だけが行進に参加。
更に言うと、観閲行進に参加した車両のうち、この架設車1台だけが、前照灯が切れていました。
全車が広多無でリンクされているはずなので、放送席からでも誰か伝えてあげればよかったのにと、思わずにいられません。

12_IGP0340_1.jpg
機動戦闘車が、徳島駐屯地記念行事初登場。
徳島県内の行事で披露されるのも初めてです。
第15即応機動連隊 機動戦闘車隊 第2中隊より、26-7549と26-7844の2台が参加しました。
いま車番を書いて思いましたが、機動戦闘車って300台もいないと思いますが、これだけ番号が離れているのですね。
鉄道車両で言うところの、「500番台」とか「800番台」なのかもしれないと勝手に解釈します。

ヘッドライトはずっとディスチャージだと思っていましたが
この記事を書くにあたって調べたところ、LEDであることを知りました。

なお陸自のいわゆる新制服ですが、この日に新制服を着用していたのは、
第14施設隊長兼徳島駐屯地司令の大坪健一2等陸佐のお一方のみでした。

12_IGP0341_1.jpg
機動戦闘車は2台とも展示され、うち1台では「砲塔の旋回現示の展示」が行われました。(放送された原稿を原文ママ)
「旋回現示の展示」とは、極めて難解な言葉ですw
この展示は善通寺駐屯地祭でも行われていないと聞きます。
機動戦闘車と放送席間は広帯域多目的無線で結ばれていて、放送席には携帯用Ⅱ型(広多無の可搬器)がありました。

展示は、放送席の携帯用Ⅱ型のスピーカーをマイクに当てて、MCVからの音声を放送。
MCVからは「装甲車発見。これより撃破する」みたいな模擬やり取りが送信され、雰囲気を醸し出していました。
ただ砲塔を左右に振るだけではなく、細かい演出が嬉しいです。

機動戦闘車は徳島駐屯地に来ることはまずない。徳島県に来ることもない。
東名高速を走ることが多いから、国道55号などを走ることも練習にはあまり・・。
ということでした。
もっと来てほしいです。
でも今回2台も持ち込んでくれたことから、徳島駐屯地で訓練展示が復活した暁には、
機動戦闘車も来てくれて空砲の射撃もあるのではと期待します。

18_IGP0018.jpg
5/18(土) 舞鶴グリーンフェスタ2019。
翌週は久しぶりの舞鶴へ。
ASY-91「はしだて」を見たのは2010年8月の、伊勢湾マリンフェスタ以来。
あのときはむしろよく「はしだて」も「くりはま」も輸送艇2号も連れてきたなという感じはします。



18_IGP0196.jpg
プロムナードデッキ。
グリーンフェスタの数日後、ここ北吸にてレセプションが開かれたようです。

18_IGP0203.jpg
休憩室。
初めて乗る「はしだて」の、「はしだて」らしい区画を見学できて満足です。
北吸の前の宮津での公開の際はパンフレットが2種類あったようですが、
このときは白黒刷りの1種のみでした。

18_K200177_1.jpg
午後からは第23航空隊へ。
SH-60Kの1桁機を飛ぶ姿が見られるのは貴重です。
おとなしめの飛行展示ながら、SH-60Kの魅力ある姿は捉えられる、的を射たフライトでした。

18_K200178.jpg
地上展示には小松救難隊が初登場。 UH-60JⅡ 78-4604です。
「ジェイツーですか?」と問うと「ジェイツーです」と教えてくれました。
小松救難隊の担当区域ながら京都府に来ることはまず無いなかでの外来となり、貴重な機会に立ち会いました。

18_K200179.jpg
これは嬉しい。
海上自衛隊では希少な存在となった?3/1/2tトラックの姿も。
キャブオール電源車も、今なお現役でした。

舞鶴航空基地を後にし、舞鶴道を南下して神戸空港まで。
神戸空港1945発のSKY147便にて一路、長崎空港へ。

19_K200089_1.jpg
5/19(日) 大村航空基地開隊62周年記念行事。
翌日が大村基地祭で、神戸空港から長崎空港まで行けるということは行くしかない!ということで、
念願の初!大村に行ってきました。

19_K200260.jpg
ロクマルがウヨウヨしている光景に感動。
このトレイルこそ、大村でした。
編隊長がSH-60Jというのがまた渋い!
SH-60J 8266は小松島では見た記憶のない番号というのも、大村に来た感を強めます。
2番機のSH-60K 8456は稼働している60Kのなかではほぼ最新鋭の機体。
SH-60Jの8266は現役機のうち古参と言えることから、だいぶな年の差です。

19_IGP0144.jpg
ここが、第22航空群司令部。
小松島の上級部隊である22空群のお膝元を、ようやく訪れることができました。

19_IGP0119.jpg
水陸機動団 第2水陸機動連隊が、アキレス製の偵察用ボートを持ち込んでいました。
水陸機動団が所在する相浦駐屯地は同じ長崎県内であることから展示されていても不思議ではありませんが、
まさか僕が水陸機動団の装備をこんなにも早く見ることになるとは全く思わなかったので嬉しい展示でした。
他にも第3対戦車ヘリコプター隊のAH-1Sも来ていて、これにも感動。5対戦じゃなくて3対戦の土地に来たのだなとしみじみ。

19_K200120_1.jpg
天候の悪化が危ぶまれ、TC-90はTH-135はお泊まりになりましたが、US-2は帰投しました。
おなじみ、大村SEADROMEへのタキシングと言いますか航行には、海っぺりに集まりしマニヤの皆さんも笑顔いっぱい。
大村と言えば、というヤマト運輸 長崎主管支店を背景に据えた画角も撮れて大満足。

19_K200170.jpg
そしてこちら側への離水!
普段なら温めて温めてする写真ですが、いつ載せるやらわからないので
旅の思い出の一つということで、自慢用iPadよりも先行公開!先行自慢!

このあと、長崎空港1725発のSKY148で神戸空港へ飛び、帰投となりました。
大村では朝から、広域指定マニヤ集団の皆さんに大変お世話になり、ありがとうございました。

26_K200020_1.jpg
5/26(日) サンポート高松。
第68回掃海殉職者慰霊祭の関連行事。5月末はそもそも掃海の歴史とは、に思いをいたす時期です。
MST-463「うらが」と入港する第一しょうどしま丸。
掃海艇「つのしま」「みやじま」は体験航海に出港中。
5月末の高松は晴れなくなったのか。

26_K200257.jpg
午後になって、なんとか手前は視程が開けてきて心が落ち着きました。
どこからともなく入港してきた瀬戸内観光汽船 第三ひなせ丸。
この日まで開催されていた瀬戸内国際芸術祭2019-ふれあう春-に関連した運航と思われます。
中央突堤に入港し、すぐ出港しました。

26_K200258.jpg
MSC-683「つのしま」が、行程を終えて阪基へ帰投します。
体験航海のときはのっそりのっそり走って?いたのでどうなることかと思いきや、えらく軽快な足取りでの帰港でした。
宮脇書店総本店の観覧車と四国ガス高松工場のガスタンクと一緒に撮ってこそ高松だねと、
お見送りする皆さんの意見は一致。
晴れて本当によかった。
とはいえ観覧車は5/6に営業を終えてしまいました。
なかなか解体はされないものと思いますが、なんでもあるうちに撮ることが大事というのは、こういうときに活きてきます。

オフラインではしっかり披露して、なかなかインターネットには上げていないものの、
このように今年も各所で遊ばせてもらっています。

今週末はいよいよ、小松島港まつりです。
今年は佐世保の護衛艦「あさゆき」を迎えてということで、
よく知った「はつゆき」型のようで、初めましての気持ちもあるという不思議な感覚で迎えることとなります。
今年も岸壁、小松島航空基地で多くの皆さんとお会いできるであろう小松島港まつりがとても楽しみです。


2019/07/08 20:50 行ってきました TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter@aurora91_TKS
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム