FC2ブログ
年が明けました。去年はC-130Rを1回しか撮らんずくでした。冬のうちに撮れれば。
プロフィール

ひうち

2019/4/3
徳島バス 神山線
H-1614
今年も撮ってます。

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。

PENTAX K-5Ⅱ+D-BG4
PENTAX K20D+D-BG2
PENTAX K20D
PENTAX *ist-DL2
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR[Model A14]
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
ICOM IC-R5/IC-R6

since:1st 2005/10/18
2nd 2016/12/20

2013/5/20(月)。
月曜日なので多くのトラフィックに期待して松茂に行くも、TC-90も全く飛ばず。

_K200002_2017112011075158c.jpg
R/W29に設置されているグライドパスとT-DMEだけ撮って帰りました。

2017/11/20 11:15 飛行場エンド TB(-) CM(0)
2013/5/13(月)。
年度替わりのバタバタも落ち着ちついて大型連休も明けた月曜日。
外来が多そうだな期待して松茂へ。

_K200006_1_20170629214254a93.jpg
すぐに定期便のYS-11M-A 9043が飛来。

_K200019_20170629214256d0f.jpg
定期便のワイエス、月曜と木曜に朝に行けば高い確率で飛来していました。

_K200033_2017062921425649f.jpg
S-3でこちらに向かってくるYS-11はダートサウンドとブラストを全身で楽しむことができます。
ここまでの近さでこの角度で撮れるのはここくらいだったかも?

S-3はシエラスリーではなくてサウススリー。
海自/陸自エプロンは滑走路の南側にあり、南側平行誘導路への取付誘導路であることから、
一般的なフォネティックコードではなくローカルルールとも言える、サウスの呼び方としています。
R/W11の端、西からS-1からS-6まで。
北側平行誘導路も同じくN-1からN-6で、読み方は同じくノベンバーではなくノース。

南側平行誘導路は、民間機が南まで迂回する必要がないため実質的に自衛隊機専用の誘導路となっていますが、
YS-11より大きな、U-4やC-1以上の自衛隊機は、横幅の関係からか北側並行誘導路を使用します。
CH-47JとMH-53E、陸自フォーメーションなどの回転翼機は海自エプロン最寄りのS-1からR/W11に進入して11か29方面へ離陸します。

2017/06/29 22:54 飛行場エンド TB(-) CM(0)
2013/4/18(木)、徳島航空基地にて。

_K200019_20170412163655560.jpg
第72航空隊徳島航空分遣隊のUH-60J 8961。
UH-60Jの初号機がBスポットより離陸。

_K200029_20170412163657fab.jpg
春霞がまぁひどい。

この徳島航空分遣隊は2015/8/31(月)に、ある日突然、解隊されました。
この解散のときのおっとこれ以上は。
徳島航空基地の広報館に、
徳島航空基地隊救難飛行隊から徳島航空分遣隊の解散までを記したコーナーがあるのでまた見てみてください。

そう言えば先日3/28(火)に第14飛行隊のOH-6Dがラストフライトを迎え、
オスカー担当要員へのいつものバケツでのあれとかのセレモニーが挙行されたようですね。
OH-6D減勢に伴ってOH-6Dを装備しない師旅団飛行隊もでてきていましたが、ついに北徳島もそうなりました。
機動旅団化される第14旅団を支える飛行隊として後を託されたUH-1Jの更なる飛躍に期待です。

2017/04/12 17:17 飛行場エンド TB(-) CM(0)
2013/3/13(木)、月末に全機退役を控えたJALのMD-90が最後に徳島空港に来ると言うことでお見送りに行ってきました。

_K200044.jpg
羽田1740発徳島1900着のJAL1439で飛来。スポット3に付きました。

本来は767-300が充当されている便ですが、JALからの退役が2週間後に迫っていたこの日、ふとこの便にアサインされました。
もう徳島に戻ってくることはないと思っていたときの運用変更だったため、
徳島の航空フアンはそれはそれは色めきだって、夜の徳島空港に総員集合となりました。

_K200065_20170107171714f6c.jpg
JASのMD-87/MD-81で育った身としてはMDが徳島から、JALから引退してしまうのは寂しい。
またも徳島の乗り物の歴史の1ページの証人となりました。

このJA8029は、2013/3/30のラストフライトの運用を担当した、最後まで残ったMD-90です。
このとき空港ロビーでは、日本航空徳島支店の支店長さんによるMD退役のアナウンスもありました。
その方はアナウンスでJASに籍を置いていた当時、
アメリカのマクドネルダグラスにおいてMD-90の受領の判子を押したエピソードをお話しされておりました。

まさにMD-90導入に携わった方と徳島空港で時を同じくできたことに感動し、
更にはとてもありがたいお話まで伺うことができ、感慨深い一夜となりました。

_K200067.jpg
夜間の撮影が厳しいことは体得している徳島空港の展望デッキ。
今までのいろいろな機体のバルブ撮影は、この日のための練習かとも思えるほどでした。
JAL1442として定時でブロックアウト、羽田へと向かい、
1983年のDC-9でのジェット機初就航から続いていた徳島空港の「MDの系譜」は、MD-90の国内引退とともに終わりを迎えました。

_K200071.jpg
帰りに鳴門市営バスの車庫に寄りました。
徳島22き374と徳島22き375の並び。
鳴門市営バスもまた、この月の終わりに廃止を控えていました。

2017/01/07 18:41 飛行場エンド TB(-) CM(0)
2013/3/4(月)。
この時期恒例のYS-11FCによる飛行点検が行われていたので徳島航空基地へ。

_K200010_20161227155956466.jpg
まずNH283でJA02ANが到着。

_K200015_201612271559579ec.jpg
お昼なので訓練を終えて帰投してきたのでしょうか。
徳島県消防防災航空隊のJA109Rが着陸。

_K200027_201612271559595b5.jpg
午前の検測を終えて、R/W11をローパスするYS-11FC 12-1160。

2016/12/27 18:01 飛行場エンド TB(-) CM(2)
カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter@aurora91_TKS
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム