FC2ブログ
年が明けました。去年はC-130Rを1回しか撮らんずくでした。冬のうちに撮れれば。
プロフィール

ひうち

2019/4/3
徳島バス 神山線
H-1614
今年も撮ってます。

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。

PENTAX K-5Ⅱ+D-BG4
PENTAX K20D+D-BG2
PENTAX K20D
PENTAX *ist-DL2
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR[Model A14]
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
ICOM IC-R5/IC-R6

since:1st 2005/10/18
2nd 2016/12/20

2013/8/12(月)、「飛鳥Ⅱ」が金磯に来た2日目です。
この日の夜に開幕する徳島市阿波おどりを観覧+踊り込んだ後に出港。
日中もオプショナルツアーのためシャトルバスの出入りがあるので、また金磯に行ってバスを待ってみました。

_K200011_20190410171647c8e.jpg
少し待ったところでやって来たのは、飛鳥Ⅱシャトルに充当されていると噂されていて気になっていた、
アイネットの徳島200か288 U-RD620U、スペースウィング!
見る度に車種が違うと言われたこの頃のアイネットのなかでも特に目を引いたのがこのスペースウィングでした。

_K200015_20190410171649d16.jpg
アイネットのデザインが富士重工HD-Ⅱボデーにとてもよく似合っていました。
今は北海道で活躍している?
ヤフーブログで移籍後の、足回り錆さびの写真を見たことあるような気がします。

2019/04/17 20:30 徳島の乗り物 TB(-) CM(0)
2013/8/11(日)、徳島は夏真っ盛り。
徳島市阿波おどり開幕の前日となり、街は浮つき、誰もがぞめきの合図となる鐘の音を待っているかのよう。

阿波おどりの前日と言えば、郵船クルーズ「飛鳥Ⅱ」の小松島来港です。
1300に金磯岸壁入港。
金磯で入港を撮るには、時間が少し早いので和田島へ行ってみました。
_K200007_2019040917214831a.jpg
和田ノ鼻の近くの突堤にて。
しかしこのまっちろ視程では、とても残念な感じです。
本当はこの突堤から撮るつもりでしたが、この視程ではどこで撮っても一緒です。

_K200016_20190409172149585.jpg
お客さんを阿波おどりの前夜祭会場へと運ぶシャトルバスが多数、「飛鳥Ⅱ」の傍らに集まります。
2015/3/31に廃止となった小松島市運輸部の貸切車が並んでいました。
徳島22き237 U-MS725Sと、徳島230い2001 KC-MS829です。
マリーナ観光にこの色のまま引き継がれたのも束の間、いまでは見られなくなりました。

小松島市営の貸切塗装というと、2008年5月に赤石に来たFFG-57「ルーベン・ジェームズ」の送迎バスを一番に思い出します。
小松島に来た米フリゲイト、出港前日~最後の見学

この塗装は元々はエアロクィーンMのカタログカラーにつき、ほかの事業者にも多く採用されているものですね。

2019/04/10 20:42 徳島の乗り物 TB(-) CM(0)
2013/8/10(土)の徳島市です。
徳島市阿波おどりを2日後に控え、街は浮ついています。

_K200003_2019040421543643e.jpg
紺屋町演舞場にて、五滝行きの徳島230あ36。
徳島230あ32から何台か存在する、徳島市営の最初のエルガミオです。
演舞場とバスをどうにか撮れないかと、味見として紺屋町で撮ってみました。

_K200010_201904042154371f5.jpg
時間が経って夜の徳島駅前。
徳島バス東京線の徳島200か317。

2019/04/04 22:23 徳島の乗り物 TB(-) CM(0)
2013/8/7(水)、小松島の沖に来ている「ふゆづき」を撮った後、徳島駅へ。
三井「ふゆづき」公試

8/7と言えば、鳴門の花火です。
鳴門線が軒並み増結+臨時増発だと聞いて、和田島からひとまず徳島駅へ向かいました。
今思うと、よくも夕方+花火に向かう車の大渋滞のなかを徳島駅まで行けたなと思います。

_K200051.jpg
臨時の鳴門行きとなるキハ40形4Bが、徳島駅の5番に待機していました。
それにしても上スカです。
(このとき徳島駅に、「うずしお」30号に乗り込む三井造船のヘルメットかぶった方がいましたが、「ふゆづき」から降りた方だろうか・・)

_K200066_20190306203545333.jpg
鳴門駅に着いた増発列車。
今やこの跨線橋もありません。

2019/03/06 21:15 鉄道写真~徳島の列車 TB(-) CM(0)
2013/8/7(水)、三井造船玉野事業所で建造され、引渡しに向けて公式試運転が進む「ふゆづき」が
小松島港の沖の錨地に来ているので見に行きました。

_K200011_20190306193942e20.jpg
おおー。
まさに護衛艦になろうとしている最新のフネが、小松島の沖に来ています。
艦首の奥の鉄塔は、四国放送の川内ラジオ放送所(H=88.7m)です。

撮影時刻は1840。
この日の小松島港の日没は1857。

カメラの時刻は常に整合させているので、合っているはずです。
自衛艦籍であれば、この灯火が点灯するのは日没時刻。
このときはまだ自衛艦ではないため、日没前に危険防止のために点灯させていたのかもしれません。

_K200019_201903061939441b8.jpg
1枚目で、舷梯から人が降りていた通船が「ふゆづき」から離れていきます。
これは水島港を定係港とする「よしま」ではないですか。
三井造船の、一泊しない要員の方を降ろしているように見えます。
このクラスの通船が、与島から小松島まで来るのはさぞや大変なのではなかろうか。
鳴門海峡を通ったとしても何時間もかかりそうです。

自衛艦のみならず、このように造船所で建造途上の船の宿泊を要する試運転の場合、
寝泊まりやお風呂であったり食事であったり、そういう事情がとても気になります。
なにせ8月です。エヤコンは完備であってほしいです。

_K200048_201903061939459a7.jpg
自衛艦ならではの、マストトップの赤い灯火が点灯していません。
この記事を書いている2019年3月に「あきづき」型のバルブ撮影の写真を検索したところ、しっかり赤く点灯しています。
この頃は装備していなかったのか、てっぺんの灯火のスイッチを入れていなかったのか。
海上衝突予防法では、赤い灯火を点灯させる旨の記載は無いため、海上自衛隊部内の規則と思われます。

それにしても、画角がへたくそです。
強風下だった記憶もないのに、このむちゃくちゃな画角です。
色合いは綺麗なだけに残念です。

2019/03/06 20:21 広報以外で寄航した艦船 TB(-) CM(0)
カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter@aurora91_TKS
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム